カッパ東京かっぱ橋のショールームも営業中! 詳しくはコチラまで カッパ

木の家具・知っ得情報

 

家具によく使われる材料

ナラ
重厚で堅く、木目は比較的荒く、加工は困難で乾燥中狂いが生じやすい欠点があります。
柾目面に美しい縞模様があらわれ、それがトラの皮の縞に似ているため虎斑(トラフ)と呼ばれている部材があり珍重されています 。
北海道のナラ材が有名ですが、乱伐のため現在は、激減しており、高級材となっています。
家具では、堅さを生かしたテーブルトップに、また、比較的曲げ木加工が容易なためイスなどの用いられます。

タモ
硬く、狂いも少なく加工しやすいため、多くの家具に使用されている木材です。タモの仲間で、特に堅いものは、野球の木製バットやスキー板に使われていることから、その堅さがわかります。
木目が美しいため、家具としては、無垢板仕上げのテーブルトップのほか、整理タンスの前板や食器棚の扉などにも用いられています。
パイン
パインとは松の木のことです。特徴としては柔らかな木目・材質を持ち、加工しやすい点が挙げられます。使い込むほどに味わいのあるあめ色に変化するので、家具材として人気があります。また建材等にも利用されます。材料としては、北欧のシルバーパイン(欧州赤松)が有名ですが、他にもロシア産のラーチ材(カラマツ)など、様々なパイン材があります。

木材の種類

無垢(ムク)材 
一本の樹木から直接必要な寸法に切り出したままの状態の木材のこと。木本来の質感、風合い、高級感が大きな魅力です。「ナラムク」は「ナラ」のムク材のことを差します。

集成材
板や角材を木材の繊維方向をそろえて接着し、1枚の幅の広い板に加工したもの。小さな木材を集めて接着剤で継ぎ合わせて作るので、木の内部まで乾燥し、狂いや割れが起きないのが特徴です。またサイズの制約がないので、大きな板もコストを抑えて作ることが可能です。
合板
0.5~4mm位の薄い板を繊維方向が直交するように互い違いに接着剤で貼り合わせることにより1枚の板にしたもの。
なお、一般にはベニヤと呼ばれていますが、正式にはベニヤとは合板を構成する1枚の単板のことであり、合板はプライウッドと呼ぶのが正しい呼び方ですが、一般にはベニヤ板という名称が通っているようです。大量生産に向いており、安価に生産できるのが大きな特徴です。また素材として膨張・収縮を起こしにくいというメリットもあり、テーブルには、合板+化粧板という組み合わせがよく用いられます。

家具によく使われる技術

ほぞ
ほぞとほぞ穴を作り、角材を接合する方法で建築にも使われている。強固な接合ができることと、ほぞをほぞ穴がホールドするため角材の反りやねじれを防ぐ効果があります。
だぼ
だぼ、といわれる丸棒を、材にあけた穴に差し込んで材同士を接合する方法で、市販されている家具に一般的に使われています。加工が簡単な割には、強固な接合ができる。だぼ穴の位置を正確に決めることが大切で、また、接合を確実にするには、だぼの側面に接着剤を塗るが、ここの塗り方が重要である。

家具の構造

イス各部の名称
テーブル各部の名称